レバレッジダイバー

アラフォー転職をきっかけに資産運用を真剣に考えるblogです。よろしくお願い致します。

行楽の秋!


スポンサードリンク

はい、こんにちは。
急に涼しくなりました〜。
さすがに半袖では家の中でも寒くなってきた・・・。
2022年も残り3ヶ月と、ちょっと信じられない感じなんですが、本格的に寒くなる前に遊びに行きたいと思う次第です。

10月からいよいよ全国旅行支援という形で経済を回していこうという流れが出来てきました!
うーん、そんな遠く無くていいから、ちょっと出かけ美味しいもの食べてゆっくりしたい!

ということで、10月11日から始まる【全国旅行支援】について簡単にまとめてみました。
どうぞ、よろしくお願いします。

全国旅行支援とは

細かな開始時期は各自治体によってもやや異なるようですが、概ね10月11日から12月下旬にかけて行われる旅行代金割引サービスです。
旅行代金の割引と旅行先で利用できる地域クーポンがもらえる、皆で日本全国旅行に行ってお金を使ってね!政策ですね。
コロナ禍も落ち着きつつあり、屋外でのマスク着用も不要と厚労省も発表しています。ようやく窮屈な生活から徐々に開放されつつありますが、マスクの着用は個々人の判断に委ねられるべきで、強制されることがなくなればいいなと思います。(つけたい人はどうぞ)

ただ、これからはインフルエンザの季節でもあるので、手洗いうがいはしっかりしていきたいと思います。

支援内容は?

●旅行代金から最大40%割引!
1人1泊の上限として、交通費+宿泊で8,000円その他(宿泊のみ)で5,000円
※交通鉄道、船、飛行機、タクシー、ハイヤー

旅行先地域で使えるクーポン券が平日3,000円休日1,000円分もらえます。
利用回数に制限はないですが7連泊までが対象で、最低利用金額は1人1泊平日5,000円、休日2,000円となっています。

ということで、平日に旅行に行けば最大11,000円の割引が受けられる!という事ですね♪
しかし、交通(新幹線や航空機のチケット)を単体で取ったり、マイカーによる高速料金等は交通費+の交通費とはならないため、宿泊+飛行機みたいなパックが割引対象となるようで・・・
LCCとホテルを別々で・・・となると、最大の割引は受けられなさそう。
まぁ安くなったぶん、普段乗らないANAJALで優雅?に行くのもいいかも知れません。

平日・休日

宿泊をともなう旅行については、宿泊日とその翌日がともに休日(土曜・日曜・祝日)の場合にはその宿泊を「休日」として扱い、それ以外を「平日」として扱うとのこと。
休日や連休に旅行客が固まらないよう、平日にも分散されるようにとのことで割引額に差があるようです。
とはいえ、なかなか簡単に平日に休めるようになる人ばかりではなさそうなので、難しいところ。。。

申し込みに必要なもの

ワクチン3回接種証明またはPCR検査等の陰性証明、免許証等の本人確認書類の提示が必要です。
12歳未満は保護者同伴の場合、検査は不要。
その他詳細は各自治体のHP参照ってことですね。
自分は3回目までの摂取照明を捨ててしまったので再発行しないと。。

予約・利用方法

旅行予約サイト、宿泊施設などに直接予約、旅行会社等のパッケージツアー等から申し込み、予約が可能!
地域クーポンは現地にてチェックイン時にもらったり、旅行会社から渡されるようです。
こういうのもPaypayポイントなどでパパっと配れたら即もらえるし、使う方も楽なんですけどねー。
旅行先県内での利用という制限が難しいのか、、、、残念。

まとめ

ニュースではインフレだ円安だと、家計が苦しいとか暗くなる話題が多いように感じますが、一緒に沈んでいても仕方ない!
遊ぶときは遊んでお金は使わないと!
と思う一方で、世界的には金融引き締めが主流で、英国のように減税やろうとすればトリプルパンチ(株安・債券安・通貨安)を食らったりする中で日本は大々的に緩和継続、ばらまき継続でありがたいんだか、なんなんだか。。(笑)
いや、ばらまく一方で所得制限掛けたり、介護保険料の負担率引き上げたりと、増税もちゃっかり。。。
一貫性がないんだよなぁ。

とりあえずお金は溜め込んでおいてもその新価は発揮されないということで、堅実に貯めつつも必要以上な質素倹約に迫られることなく、今を楽しみながらやっていきたいと思います!