レバレッジダイバー

アラフォー転職をきっかけに資産運用を真剣に考えるblogです。よろしくお願い致します。

世界のコカ・コーラはインフレに負けない・・?


スポンサードリンク

はい、こんにちは~。

昨日のFOMC、詳しくは見てないのですが、朝起きたら株価がすべて上がっててびっくり。
さすがのパウエル議長、市場との対話が非常にお上手な様子ですね。

このままスルスルと強い米国経済!と簡単に上昇に転じるとは思えませんが、大きなリセッションを迎えることなく、次第にインフレも落ち着いてくれれば、それに越したことはありません。

日本経済もどうにか復活していってほしいところです。



コカ・コーラ2Q決算発表

世界で愛される清涼飲料水コカ・コーラ
暑い季節になり、飲食店の正業規制も緩和されつつあり、外食も多くなってきたところで今回の決算。どうだったんでしょうか??

四半期業績

2Q決算は11.8%増収-27.9%減益でした。

売上高

予想:106億ドル
結果:113億ドル
前年同期比:+11.8%

純利益

予想:29億ドル
結果:19.1億ドル
前年同期比:▲27.9%

1株当たり利益

結果:0.44ドル
前年同期比:▲0.17ドル

累積(6ヶ月)業績

売上高:218億ドル
前年同期比:+13.9%

純利益:46.9億ドル
前年同期比:▲4.1%

1株利益:1.08ドル
前年同期比:▲0.05ドル

以上のことから為替などの要因から利益率こそ下がったものの、値上げと出荷量の増加によって売上高は高水準を維持し、通期見通しも上方修正されたことで、株価も決算後大きく続伸しています。

経済再開に伴い、飲食店やレジャー産業などの外食産業が回復傾向にあることと、インフレによって高額商品の購入が敬遠されることはあっても単価の低いドリンクなどはそこまで直近で大きな影響を受けることはないだろうという見通しもあるかもしれません。

株価推移

年初来推移
<>
7月株価推移

主要指数が軒並み2ケタのマイナスリターンの今、年初来で7%弱のプラスリターンのコカ・コーラ株。
このセクターの底堅さを示していますね。

配当

配当推移
配当利回り

今年もしっかり増配予定!(あくまで予測、、ですが)

現在は2.8%と平均的?な配当利回り水準を維持していますが、59年連続増配の超優良銘柄!

世界単位で見たら人口はまだ増加途上なうえ、コカ・コーラは先進国だけではなく、世界中で飲まれる飲料。
これからも世界の人口が増え続け、世界経済が拡大していくのであれば、コカ・コーラの業績も拡大し、株主還元も年々増加していくと思わずにはいられませんね。

まとめ

以上、コカ・コーラの2Q決算、まとめてみました。
最近はコーラにとどまらず、炭酸飲料(ジュース)をまったく飲まなくなり、ビールかコーヒーか水かなんですが・・・

今のように暑いときにキンキンに凍らせたグラスに炭酸ってうまいですよねー。
昔はよく飲んでいました。

そんな感じのコカ・コーラ、現状のままホールドで間違いない銘柄ですね。
堅調に株価も伸びてますので、何かの折に下落したらもう少し割合増やしてもありです。
今後もこのまま増配が続くのであれば、非常に楽しみな銘柄です。

ありがとうございました!