レバレッジダイバー

アラフォー転職をきっかけに資産運用を真剣に考えるblogです。よろしくお願い致します。

6月の運用振り返り


スポンサードリンク

はい、ど~も!

ここ数年で最速で梅雨が終わった6月でした!
こりゃ今年は電気不足に水不足かな、、なんて思っていたらここにきて恵の台風。
本州直撃前に温帯低気圧に変わったし、あとは普通の雨を降らせて終わってくれればありがたい。

6月下旬の暑さは本当にしんどかったですね。
以前、沖縄に住んでいたのですが、沖縄より暑い名古屋の夏。
それでいて服はしっかり着ないといけないので、これまたきつい。

ここ数日の雨がちょっとうれしくなっております。




6月の振り返り ~米国株の動き~

主要株価指数の推移

NASDAQ100・・・▲8.43%
S&P500・・・▲7.33%
ダウ平均・・・▲5.53%

と、主要指数はすべてマイナスで終わりました。

CPIが思った以上に高止まりしている、そしてFOMCでは想定以上の利上げが決定ということで、とくに前半~中ごろで大きく下げていますね。
とくにNASDAQ・・。

インフレを抑え込むための利上げから債券も価格は大きく下落、有事の金も6月は下落、現金はインフレで目減りする・・・

今の相場は何をしても資産が減っていくターンだと割り切るのがいいのでしょうか。

米国株の運用はこうでした

6月の米国株

債券ETFのBNDはひたすらに下がり続けます。
www.bloomberg.co.jp

安全資産と言われた債券はどこへ・・?
ドル以外は売れと言われても、ドルも高インフレで実質目減り中、とはいってもドル以外の通貨の価値は、、と言われると、そこもまた疑問が残るところです。
評価損益でみれば、まだ現時点では含み益ではある状態。

イーロンマスクによる買収事案のTwitter株は思いっきり高値つかみしましたが、いったん損切り
話題性だけで飛びついてはいけないといういい勉強になりました。

受け取り配当金

6月の受取配当金は以下の通り。

HDV・・・72.75ドル(2.3%)
BND・・・5.32ドル(2.4%)
QYLD・・・38.42ドル(12.2%)
計・・・116.49ドル

株価が思った以上に下がらないHDVは利回りが若干低い感じ。
債券ETFは利上げの終わりが見えてきたら底値となりそうですね。
年末から来年にかけて円安も落ち着いて今の価格水準であれば、買い場到来かもしれません。

投資信託はこうでした

投資信託の推移

つみたてNISAの先進国株式もいよいよ評価益が少なくなってきました。
レバナスは言わずもがな・・・。

楽天カード利用で積み立ててるのですが、キャンペーンで楽天キャッシュを利用して投信積み立てをおこなうとポイント還元が1%になるとかどうとか・・・あったと思うのですが、もういいやって感じで放置状態です。。

6月は2週続けてNASDAQが5%超の下落となったので、積み立て以外に追加購入をおこないました。
金融引き締めが終わり、新たなweb3.0の時代が始まったとき、NASDAQの成長がまた楽しみです。

全体の資産配分

全体の資産配分

今年に入ってからアップル株が下がってきたので、ちょっと買いな感じですね。
高配当のAT&Tや、今後のAI、量子コンピューター関連で成長が期待できつつ、かつ高配当のIBMも再び個別銘柄としては少し魅力が出てきました。

欲しいものは多いですが、ちょっとずつ多く買いすぎても・・・
HDVと個別株のセクターがかぶっているのがもったいない気はするんですよね。

最初にも見たように、すべての指数が下がっている今はどうにもならないので、ニュースには敏感になりながら、コツコツ積み上げていきたいと思います。

以上ありがとうございました!