レバレッジダイバー

アラフォー転職をきっかけに資産運用を真剣に考えるblogです。よろしくお願い致します。

FOMC、雇用統計!


スポンサードリンク




連日忙しい米国株投資家の皆さま、お疲れ様ですー。

FOMCでのハト派発言を受けての安心株高から一転、やっぱり不安が大きいと、一夜で手のひら返し&雇用統計発表でグズグズの米国株市場ですね!

ということで、世界も忙しい金融政策の決定の瞬間に立ち会えたので、忘備録です。


5月FOMCで決まったこと

今回のFOMCの争点だったのは・・・

・5月の利上げは0.5%は確実。でもその後は・・・?
・資産圧縮のペースは?

といったところです。

政策金利とCPI

現在8%程度といった尋常じゃないインフレに見舞われている米国・・・。

賃金も上がっているとは言っても、それ以上の物価高では世の人達は困ってしまうということで、どうにかそのインフレを抑えるべく2022年は、

金利上げまくるよ
・資産圧縮(市場からお金を吸い上げるよ)


ということを過去にないペースでやっていこうとしていたわけで、そんな折にこんなニュースもありました。

www.nri.com

セオリーので、0.25%利上げをすっ飛ばしての0.75%利上げも視野に入れている・・・

そんな中で、

www.bloomberg.co.jp

★5月は予定通り0.5%利上げ
★6月、7月も同じく0.5%利上げ
★0.5%より大きな利上げ(0.75%利上げ)に関しては積極的な議論はしていない
★資産圧縮(QT)は、6月~8月に475億ドル/月、9月以降最大950億ドルペース

となったわけです。
0.5%の利上げは続くものの、0.75%までの急激なことはほぼないよというハト派(充分引き締めするんだけど・・・)よりの発言を受けて、久しぶりに気持ちのいい3%程度の上げ上げだったのですが・・・

6日の朝には見事に上がった分以上に下げて、年初来最安値更新!!

何が起きたって、、、、特に何も・・・?ww

今のNASDAQ

NASDAQ100

本日も下げてます。
株安・債券安・金利高、ですね。
S&P500もダウ平均も下げてます。こんなときは何かしらのせいじゃないので、落ち着くまで待ちます。
下げてるから買ったとしても、まだまだ相場は不安定。

このままずるずるいけば、12220ポイント辺りか、さらにそこを超えてくると10920ポイント辺りまでの下落を考えていた方がよさそうです(予想)。

心の準備は大切です。

雇用統計

非農業部門雇用者数

非農業部門雇用者数

結果は

失業率

失業率

結果は!!

ということで、、、結果はまぁ微妙なところといった感じでしょうか・・・

経済強けりゃ引き締め強化!
経済弱けりゃリセッション!


と、どんな結果が出てもいい方向には転ばない米国金融市場。
あとは11日に発表のCPI(消費者物価指数)が重要ですね。

前回8.5%で、今回の予想が8.5%。
ここが大きく下げればある程度株価の下落も落ち着くのでしょうけど、まぁ考えられません。
逆に予想を上回るインフレが進めば、更なる金融引き締め懸念から大きな下落が来る、、、のか?

ということで、取り急ぎまとめてみました。

違っとる!という点あったらご指摘願います。
おやすみなさい。