レバレッジダイバー

アラフォー転職をきっかけに資産運用を真剣に考えるblogです。よろしくお願い致します。

高配当ETFの比較


スポンサードリンク

12月に増配決まったHDVで久しぶりにまとめ書いてみたんですが、今回は他の高配当ETFがどうなっていたのか、併せてまとめてみました。

増配したHDVとは逆に、四半期ベースでは大減配したSPYDも一時期話題になったし、息子名義で積み立てていたVYMも最近はまったく値動きを見ていなかったので、ここで改めて高配当ETFについて書いてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

高配当ETF

配当金欲しさから米国株を始めたものの、でも個別銘柄は銘柄選定が難しい・・・となると、非常に取り扱いやすいのがこのETF(上場投資信託です。

ETFが運用方針に沿った銘柄を選定し、70~数百銘柄への分散投資が可能です。

また、高配当ETFと謳っているこれらのETF分配金(インカム)を獲つつもそれだけではなく、売却益(キャピタル)も狙えるという両刀使い。

通常、配当金を多く出す銘柄はハイテク企業などと違って、現時点である程度の市場規模を確保し成熟した企業が多いため、株価の大幅な上昇というのはあまり見込めないものなのですが、このETFはそうではないのがすごいところ。

そんな3つのETFを比較・紹介していきます。

過去の株価推移

水色・・・SPYD
青色・・・VYM
オレンジ・・・HDV
黄色・・・S&P500

直近1年の3つのETFとS&P500種指数の株価推移はこちら。

f:id:LandDiver:20220207055837j:plain
直近1年の株価推移

縦点線が2021年年末時点です。

VYMは指数とほぼ同じパフォーマンス、SPYDはアウトパフォーム、HDVは大きくアンダーパフォームしていたことがわかります。

保有銘柄などの詳細は後ほど記載しますが、GAFAMなどの市場をけん引したハイテク銘柄を含まない2つの高配当ETFが昨年は指数と同等以上のパフォーマンス、かつ配当も3%程度だったというのはすごいですね。

2022年年初来はこんな感じです。

f:id:LandDiver:20220207060122j:plain
2022年株価推移

S&P500が年初大きく下げているのに対して、高配当ETFは3つそろってプラスリターンを維持。(VYMはぎりぎりか)

さらに、HDVとS&P500の差がハイテク株からバリュー株へ資金が流れていることを表しています。

直近3年の分配金推移

f:id:LandDiver:20220207060247j:plain
分配金推移

1株当たりの分配金金額です。
詳しくはこちら。

f:id:LandDiver:20220207060336j:plain
VYM分配金

非常に安定していて、2年連続増配となっています。前年比6.5%の増配です。
配当利回り2.8%

f:id:LandDiver:20220207060448j:plain
SPYD分配金

年末に大幅減配で話題になったSPYD。

確かに12月期だけで見たら大変なことになっていますが、年間のトータル配当金額で見ると前年比▲5%の減配にとどまっています。しかし、2年連続の減配・・・。
2022年はどうなることやら。

配当利回り3.6%

f:id:LandDiver:20220207060613j:plain
HDV分配金

2020年は11.8%の大幅増配したHDVですが、2021年は前年比▲2.5%と減配。

配当利回り3.4%

SPYD、HDVともに減配基調で少し先行き不安感がぬぐえません。株価上がるのは嬉しいけど、配当維持でどうにかよろしくお願いしますょ。

ETFの個別詳細

VYM(現在価格:112.18ドル)

詳細

名称・・・バンガード・米国高配当株式ETF

インデックス・・・FTSE・ハイディビデント・イールド指数

運用会社・・・バンガード

構成銘柄・・・381銘柄

設定日・・・2006年11月

年間経費率・・・0.06%

投資先・・・米国企業の大型株を中心に予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄

純資産総額・・・72.76億ドル

組み入れセクター
f:id:LandDiver:20220207061922j:plain
VYM組み入れセクター

1番の特徴は金融セクターが多くを占めていることですね。

これから利上げが始まれば金融セクターも好調になっていくことが考えられるので期待大です。

その他多くのセクター・銘柄に分散されているので、このETF一つ保有しているだけでもOKな安定銘柄だと思います!

組み入れ銘柄上位10
f:id:LandDiver:20220207062151j:plain
VYM組み入れ銘柄上位10

日本でも聞き馴染みのある銘柄ばかりですね!

JPモルガン、ジョンソン&ジョンソン、ホームデポ、、、。
この10銘柄で全体の24.3%を占めているので、約400銘柄が投資対象とはいえ、結構なウエイトだとも思います。

SPYD(現在価格:42.96ドル)

詳細

正式名称・・・SPDRポートフォリオ・S&P500高配当株式ETF

インデックス・・・S&P500高配当指数

運用会社・・・STATE STREET

構成銘柄・・・80銘柄に均等分散

設定日・・・2015年10月

年間経費率・・・0.07%

投資先・・・S&P500組み入れ銘柄の中で配当利回りの高い上位80銘柄

純資産総額・・・56.57億ドル

組み入れセクター
f:id:LandDiver:20220207062827j:plain
SPYD組み入れセクター

VYMと同じく、金融セクターが大きなウエイトですが、公益、不動産が次いで大きいです。
他の高配当ETFとは資産配分が違っています。

組み入れ上位10銘柄
f:id:LandDiver:20220207063030j:plain
SPYD組み入れ上位10銘柄

他のETFと違って、80銘柄に均等分散をしています。

よって、どの銘柄も購入割合は1.25%。

グラフで割合が違ってきているのは、株価の変動によって割合が上下するからで、リバランス時に株価が上がって配当利回りが下がった銘柄はETFの採用銘柄から外されます。

配当利回りを優先の銘柄選定ということで、必ずしも聞き覚えのある有名銘柄ばかりではなく、上位10銘柄は聞いたこともない銘柄ばかり・・・^^;

でもS&P500採用の安心銘柄です。

SPYDのデメリットとしては、保有銘柄の株価が上がった場合、配当利回りが下がってしまう為、ファンド内リバランスをする際に組み入れ銘柄から外れてしまうというデメリットがあります。

普通は株価が上がることは喜ばしいことなのに、利回りが下がってしまうばかりに除外されるというジレンマ・・・。


また、不動産セクターを多く占めているので、非常に景気動向に左右されやすいです。

しかし、米国の不動産は直接日本から購入できないため、SPYDを通して分散投資できるという一面もあります。
高配当ETFの中では一番の配当利回りのため人気のあるETFですが、投資先など中身もしっかり確認したうえで購入したいですね。

高い配当利回りだけに目を奪われていてはいけません。

HDV(現在価格:104.11ドル)

詳細

正式名称・・・iシェアーズ・コア米国高配当ETF

インデックス・・・モーニングスター配当フォーカス指数

運用会社・・・ブラックロック

構成銘柄・・・75銘柄

設定日・・・2011年3月

年間経費率・・・0.08%

投資先・・・財務健全性が高く、配当利回りの高い銘柄

純資産総額・・・76.4億ドル

組み入れセクター
f:id:LandDiver:20220207064016j:plain
HDV組み入れセクター

ヘルスケア、生活必需品、エネルギーと、景気動向に左右されにくく、インフレにも強いセクターが多くの割合を占めています。

組み入れ上位10銘柄
f:id:LandDiver:20220207064123j:plain
HDV組み入れ上位10銘柄

VYM 同様、日本でもメジャーな銘柄が多いですね!

SPYDとのセクターが被る部分が少ないため、HDVとSPYDと両方保有する人も多いです。

トータルリターンの比較

f:id:LandDiver:20220207064243j:plain
トータルリターンの比較

上記3つの高配当ETFと、S&P500ETFのVOOのトータルリターンの比較はこうなりました。

VYM 、、すごいですね!
配当込みとはいえ、高配当ETFというジャンルでありながら常に2桁成長!安定してますね~。
連続減配の続いているHDV、SPYDは2022年頑張ってほしいものです。

まとめ

高配当ETFと呼ばれるVYM、HDV、SPYDを比較してみました。

配当金額、配当利回りだけではなく、投資先がどこなのか、どのセクターに重きを置いているのか、わかったうえで投資をしていた方が、急な下落相場でも落ち着いて投資を続けることができます。
(上記3ETFに限った話ではありませんが)

そして値上がりだけでなく、四半期ごとの安定したインカム収入は運用評価額が下がった時の心の支えにもなりますし、家計のキャッシュフローに組み込むことも可能!

もちろん課税されることのデメリットはありますが、その点を差し引いても十分に検討の余地はあるのではないかと思います!

ETFにチャレンジしようという方の参考になれば幸いです。