陸上のレバレッジダイバー

アラフォー転職をきっかけに資産運用を真剣に考えるblogです。よろしくお願い致します。

新しい投資信託、始めました。


スポンサードリンク

10月から新しい投資信託の積み立てを始めました。
というか、配当金投資で運用していた数銘柄を売却し、その資金に充てました。

landdiver.hatenablog.com
元々インデックスはナスダックが最もリターンがいいことは知っていましたが、ハイテク株中心で分散がされていないといった刷り込みのもと、全米株式などの幅広く分散された指数への積み立てもキャッシュフローを増やす配当金投資で運用をしていましたが・・・

日々のキャッシュを増やすにはまだ配当が少ないし、円転しないといけないし、税金かかるしと、メリットが少ない。。。

ある程度まとまった額になるまでは、自動で配当再投資可能で、かつリターンを最大化できる投資信託を選ぼうと思います。




★レバナス投資始めます★

新しい投信はレバナス!

運用会社・・・大和アセットマネジメント
ベンチマーク・・・NASDAQ100
運用方針・・・日々の基準価格の値動きがNASDAQ100指数の2倍程度となることを目指して運用を行う。
信託報酬・・・0.99%

過去の比較

f:id:LandDiver:20211019004751j:plain
主要指数比較

米国の主要3指数を比較してみました。

青線:NASDAQ100
橙線:S&P500
水色:ダウ平均

NASDAQの以上なまでの急激な上昇がわかります。
これは世界をけん引するGAFAMを始めとするITセクターの革新によるものです。

f:id:LandDiver:20211019235512j:plain
レバレッジ1倍・2倍比較

次のチャートはS&P500ETFとNASDAQレバレッジ1倍と2倍のETFのチャートを比較してみました。

青色:QLD(NASDAQ100レバレッジ2倍ETF
黄色:QQQ(NASDAQ100連動ETF
水色:SPY(S&P500連動ETF

2倍のレバレッジをかけているため、上昇の幅がすごいことになっています。

主要指数との比較でナスダックが頭一つ抜けていたのに、さらにその上をいくレバレッジ

非課税口座で買いたい!

これだけリターンが見込めるのなら誰もが考えることですが・・・

現在つみたてNISAでの購入はできません。

一般NISA(年額120万円まで・非課税期間5年)か、ジュニアNISA(2023年までの買付、その後は18歳になるまで新規買付はできないが、非課税で運用可能)では購入可能です。

これだけ期待値の高い運用、ぜひとも非課税口座をうまく利用したいところです。

投資信託のメリットを活かす★

日々の値動きに釣られて売買しない!

投資信託ETFと違って上場していないため、市場でのリアルタイムでの売買ができません。
よって、米国株式相場が下落し、NASDAQが暴落したことに焦って売り注文を入れても、約定されるのは翌々日だったりするわけです。
ナスダック100指数の日々の値動きの2倍の値動きになるため、インデックス投資よりも価格の乱高下は大きくなりますが、リアルタイムでの価格変動に気持ちがブレることがありません。

ドルコスト平均法の有効活用

100円からの自動積立設定により、毎月勝手に定額で購入をすることができます。
調整局面など、価格が下がったときは口数を多く、価格が上がっていくときは少ない口数を機械的に買い付けてくれる、自分の感情を排除した運用ができます。

レバレッジのリスクを負わない

レバレッジをかけた商品のため価格変動幅はもちろん大きくなりますが、保証金を担保に自分でレバレッジをかけているわけではないため、FXやオプション取引のように、損失額がどんどん膨らむことがありません。
基準価格が下がったとしても、NASDAQ100の本質的な価値は変わらないという信念のもと、何があっても目標設定額までは売却しないという決意をもって積み立ての継続とガチホを続けたいと思います。

★レバナス積み立てするなら!★

オススメの証券会社は手数料の低いネット証券がオススメです。

楽天証券
www.rakuten-sec.co.jp
楽天経済圏の人はオススメです。
楽天銀行と連携させれば普通預金金利も大幅UP。

SBI証券
search.sbisec.co.jp
三井住友カードでクレカ決済も可!
SBI銀行と連携させて、為替手数料を格安に抑えられます。米国株にもオススメです。

マネックス証券
info.monex.co.jp
米国株は自動積立設定&配当金再投資も自動設定に!

まとめ

米国の配当株での運用も一部継続しつつ、個別銘柄から投資信託ETFへシフトしていこうと思います。
ぎりぎりまで騒がれたものの債務上限問題はクリアされましたが、テーパロング、収まらないインフレ、中国恒大集団問題、FRB理事らの不祥事と、、、なかなか市場も落ち着けない相場が続きますが、、コツコツ資産運用は継続していきましょう!