レバレッジダイバー

アラフォー転職をきっかけに資産運用を真剣に考えるblogです。よろしくお願い致します。

株高な今、資産運用は始めるべきか


スポンサードリンク

こんにちは。

LandDiverです。


超絶な速度で進む少子高齢化、今後日本の人口どうなるか、ご存知ですか??

 

f:id:LandDiver:20210413120831j:image

 

わずか30年後には今から3,000万人が日本から消え、生産年齢人口は45%ダウンするそうです。

これだけ人口が減っていくと、経済規模も縮小していくのは必然。

そうなれば、給与のみの手取り収入が右肩上がりとは考えられにくくなります。

老後問題自助お願いしますと言わざるを得ないですね。
どうにか少子化対策に重点を置いてもらいたいところです。。

 

なかなか簡単に人口増えるわけでもないし、そんな世の中で生きていかないといけません。

また、子供がいれば、その子供には将来お金が原因で困ることにはなってほしくないし、自分のせいで子供の選択肢を奪うことはしたくない。


そのためにも今から退職後、子供らに頼らず、生活に困らない程度の資産を作っておきたいところです。

 

そんな中で今できるベターな選択肢といえば、積立NISAです。


《理由》
①20年の非課税期間で長期目線で考えられる。
②購入できるファンド(投資信託)にぼったくり商品がない
③資金拘束がない(いざというときは引き出し可能)
④少額から購入可能(100円から)


資産運用をする前の大きな不安が、


★元本保証ではない
★株とかギャンブルに近い


でしょうか。


《元本保証について》

まず預金も元本保証ではありません。


チロルチョコ、高くなってませんか?
うまい棒、高くなってませんか?
小麦粉製品、値段据え置きで内容量減ってませんか??
都心の不動産価格、爆上がりしてます。
大学の学費、高いです。


値下がりしてるの、サラリーマンの手取り収入くらいです。


つまり、
額面で100万円という数字は変わらなくてもその100万円で購入できる物が減っている=現金の価値が下がる(モノの価値が上がる)=現預金の元本割れてる。

現在の100万円の価値は将来の100万円と同じ価値ではないですね。


《ギャンブルがどうかについて》
例えば株を購入する際に、1つの銘柄に全財産を投入したり、異常なレバレッジをかけてみたり、自分が日々の相場の値動きに心が落ち着かないリスクを取ることはギャンブルに近くなります。


一方、世界中の企業約8,000社に分散投資してるファンドを毎月1,000円ずつ貯金と併せてやるとなったら、、ギャンブルとはなりません。


資本主義社会が続き、世の中が良くなろうとする以上、世界経済は成長していく(と思う)。ということは、株式市場は結局右肩上がりになります。


投資するリスクも0じゃないけど、やらないリスクもある。
どっちもリスクがあるなら、自分の許容範囲内での適正なリスクを取ることが大切です。


積立NISAは自分も3月から積立開始です。

 

誰かの資産運用のきっかけになれば嬉しいです。

ありがとうございました!