レバレッジダイバー

アラフォー転職をきっかけに資産運用を真剣に考えるblogです。よろしくお願い致します。

FOMC、雇用統計!




連日忙しい米国株投資家の皆さま、お疲れ様ですー。

FOMCでのハト派発言を受けての安心株高から一転、やっぱり不安が大きいと、一夜で手のひら返し&雇用統計発表でグズグズの米国株市場ですね!

ということで、世界も忙しい金融政策の決定の瞬間に立ち会えたので、忘備録です。


5月FOMCで決まったこと

今回のFOMCの争点だったのは・・・

・5月の利上げは0.5%は確実。でもその後は・・・?
・資産圧縮のペースは?

といったところです。

政策金利とCPI

現在8%程度といった尋常じゃないインフレに見舞われている米国・・・。

賃金も上がっているとは言っても、それ以上の物価高では世の人達は困ってしまうということで、どうにかそのインフレを抑えるべく2022年は、

金利上げまくるよ
・資産圧縮(市場からお金を吸い上げるよ)


ということを過去にないペースでやっていこうとしていたわけで、そんな折にこんなニュースもありました。

www.nri.com

セオリーので、0.25%利上げをすっ飛ばしての0.75%利上げも視野に入れている・・・

そんな中で、

www.bloomberg.co.jp

★5月は予定通り0.5%利上げ
★6月、7月も同じく0.5%利上げ
★0.5%より大きな利上げ(0.75%利上げ)に関しては積極的な議論はしていない
★資産圧縮(QT)は、6月~8月に475億ドル/月、9月以降最大950億ドルペース

となったわけです。
0.5%の利上げは続くものの、0.75%までの急激なことはほぼないよというハト派(充分引き締めするんだけど・・・)よりの発言を受けて、久しぶりに気持ちのいい3%程度の上げ上げだったのですが・・・

6日の朝には見事に上がった分以上に下げて、年初来最安値更新!!

何が起きたって、、、、特に何も・・・?ww

今のNASDAQ

NASDAQ100

本日も下げてます。
株安・債券安・金利高、ですね。
S&P500もダウ平均も下げてます。こんなときは何かしらのせいじゃないので、落ち着くまで待ちます。
下げてるから買ったとしても、まだまだ相場は不安定。

このままずるずるいけば、12220ポイント辺りか、さらにそこを超えてくると10920ポイント辺りまでの下落を考えていた方がよさそうです(予想)。

心の準備は大切です。

雇用統計

非農業部門雇用者数

非農業部門雇用者数

結果は

失業率

失業率

結果は!!

ということで、、、結果はまぁ微妙なところといった感じでしょうか・・・

経済強けりゃ引き締め強化!
経済弱けりゃリセッション!


と、どんな結果が出てもいい方向には転ばない米国金融市場。
あとは11日に発表のCPI(消費者物価指数)が重要ですね。

前回8.5%で、今回の予想が8.5%。
ここが大きく下げればある程度株価の下落も落ち着くのでしょうけど、まぁ考えられません。
逆に予想を上回るインフレが進めば、更なる金融引き締め懸念から大きな下落が来る、、、のか?

ということで、取り急ぎまとめてみました。

違っとる!という点あったらご指摘願います。
おやすみなさい。


4月の運用結果。円安様々

GWいかがお過ごしでしょうか?
もう夏かというくらい日中は暑く、遊び日和の日々が続いていますね!
でもこちとら夜勤で眠いのです。
GWのピーク終わったらのんびり一人余暇を過ごそうかと思います♪

5月のFOMCも終わり、今宵は雇用統計の発表の米国株式市場。
パウエル議長の見事なまでの対話戦略(?)によって、0.5%の利上げがほぼ確定したのにもかかわらず、ハト派の印象を植え付け株価は大きく上げて終わった連休中日!
さすがですね、議長!
しかし、依然として戦火の止まない欧州、ロックダウンの危機が消えない中国と世界は不安定。。。
そんな中で4月を振り返ってみたいと思います。



米国株

米国株

4月は前半は大きな変化はなく、HDVの毎月1株積立てだけだったんですが・・・
www.bloomberg.co.jp

こんなニュース見ちゃったもんだから、思わずTwitter10株衝動買いです。
しかも思いっきし高値で掴みました。。。。

でもイーロンマスクの傘下となるっていうだけでなんかワクワクしますね。

そしてこの金融引締め&利上げ(債券価格の下落)というなかなか巡り合えないいい機会を使って、長期保有枠とは別で短期売買枠(予定)でTMVというETFを買ってみました

TMVについて

名称:ディレクション・デイリー・米国債20年超・ベア3x

運用会社:Direxion Investments
信託報酬:1.01%
インデックス:NYSE 20年米国債指数
運用方針:20年超米国債インデックスのパフォーマンスの-(マイナス)3倍となる投資成果を目指す

簡単にいうと・・・

米国債券の価格が上がるとこのETFの価格がその日々の値動きの3倍下がるというETFです。

俗にいう「インバース型レバレッジETF」という、あまり手を出してはいけない部類に属する、オススメされない投資商品ですね。

ただ、、株式ETFと違って

レバレッジ3倍(しかもマイナス側に!)とはいえ、投資先は米国債券なので、値動き自体は株式のそれと比べても非常に穏やか
・2022年に限って言えばよほどのことがない限りFRBが金融緩和に政策を戻すことは無く(予想)、利上げをしていく=債券価格は下落する=当該ETFは値上がりする

という予測の元、一旦4月末近くに10株購入してみました。

ちなみに債券にレバレッジをかけた運用は以前こちらで投資信託ver.で紹介してますが、USA360は債券価格の上昇で基準価格も上昇します。
landdiver.hatenablog.com

配当金

今月の受取配当金はこちら。

HDV・・・96.63ドル(3.0%)
BND・・・7.39ドル(2.9%)
QYLD・・・30.10ドル(12.9%)
KO・・・22.74ドル(2.7%)
計・・・ 156.86ドル


トータルではプラスを維持しつつも、GWが近づくにつれてどんどん下げていきました。

5月初旬のFOMC、雇用統計発表前の利益確定の売りもあったかと思います。

確かに2022年の株式市場は不確定要素が満載ですからね。
米国だけでなく、ロシア問題を発端に欧州の景気後退や中国のロックダウンなどなど、不安要素は大きいです。

当面大きな金額は使う予定はないので自分も利確はしませんが、大きな利益があるなら確定しておくのも手だとは思います。

投資信託

投資信託

前月比、見事に全面安!!
とりわけレバレッジNASDAQ100は大きく下落中です。
一度週間で4%近く下落し、週足RSIが40を切っていたのでいったん追加購入をしました。
RSIは低いと売られすぎ、高いと買われすぎという過熱感を教えてくれるので、世の中の皆様がNASDAQ売ってますってときにちょろっと買い増しです。

つみたてNISAは変わらず継続。
投資信託に問題はないのですが、それにしても楽天のポイント制度の改悪が続きます。
いつまでもモバイル0円やってるからね、、、楽天単体で使わずに他回線と併用で使う人多いですよね。(自分も。。。)
そりゃいつまでも赤字になるわけだ・・・。

ん~。まぁポイントはおまけと割り切ります。

トータルリターン

結局のところ評価額は少しの下げで終わり、資産全体としては買い増した分の資産額が増えた感じですね。
そして何より円安効果!
円に換えてはないので、手元資産が増えてるわけじゃありませんが、 円換算すると米国株は大きなプラス!

とはいえ、大きく下げてるレバナスは為替の損益を相殺する為替ヘッジありという商品なので、ただ今の円安効果はありません。。。セツナイところです。。

5月に入ってFOMCまでは大幅に下落更新中だったのですが、パウエル議長の記者会見後から爆上げ!
やはり市場は変化を嫌う。
利上げ・QTが進むにしても、予想通りであればホッと一息といった感じなんでしょうか。

そして不確定要素が多い市場でどうにか利益を出すために、株価が下がっても利益になるインバース型投資商品など、本当によく考えられたものです。
本当に勉強になります。

ということで、以上ありがとうございました!!

米、決算週間!




はい、こんにちは。

いよいよGWが目前です。今年は遊びに行ける人も多いのかな?
自分は過去サービス業だったこともあり、連休なんて仕事癖が付いているので、予定を立てるのが常に遅いため、今年も・・・・。

うーん、来年はちゃんとあらかじめ予定をたてて遊ぼうと思う。

米国株の今

ただいま決算シーズンの真っただ中に突入している米国株。

とくにここ数日は米国市場の中心を占めるGAMAなど、主要企業の発表があるので、気にしている方は忙しい平日ですね。

この決算発表での企業業績の推移、そして5月4日のFOMCによる今後の利上げ(0.5%は確実として、0.75%??なんてことも聞こえていました)や、金融引き締めのスケジュールなど、GWとはいえ売買されてる方にとっては違う意味でも忙しい連休になりそうです。

そんな4月の米国株、、、、めっちゃ下げてますね。。

NASDAQ100 4月値動き

4月だけで13.28%の下落。。。
年初来からで見ると21%の下落となっています。

もう13,000ポイントも目前に!!
昨年の5月の価格まで下がってきたことになっているので、だいぶ買いやすい価格になったかな、と。

日々だらだら下がるので、なかなか自分ルールではここだ!という買い増しはできませんが、まぁ毎月の積み立ててるので良しとします。

NASDAQ100

現在13,000ポイント付近なので、このままずるずる下がれば12,000ポイント付近、さらには10,000~11,000ポイント付近くらいまでは落ちていきそう。

1年半くらいまでの価格に下がったと思えば、まぁなんてことないですよね。
今後20年以上の投資期間から考えたら。

決算を見てみる

主要企業も続々発表しているので、少しのぞき見しようと思います。

コカ・コーラ

売上高、純利益、1株利益、すべてが予想を上回る好決算!

コロナウィルスの感染拡大の落ち着きにより、外食需要の増加によるとのこと。

日本もはやく自由に遊びに行けれる社会に戻ってほしいですね。

コカ・コーラ

配当も増配です。

コカ・コーラ配当

P&G

こちらも増収・増益!
生活必需品の強さ、ここにあり。

P&G

配当利回りは2.2%と高配当ではないですが、それでもしっかり増配!

P&G配当

Microsoft

WindowsでおなじみMicrosoft
米国株をけん引する一社ですね。
個別株として保有はありませんが、レバナス銘柄の一角です。

Microsoft

増収増益でいい決算でした。
いやいや、こんないい発表なのに株価は-3.74%下落しました。

え?もっといい決算出せってコトデスカ、、、?

アルファベット(GOOGL)

売上高、純利益、1株利益と、予想を下回るいまいち決算となりました。
決算をうけて株価は下落基調のGoogle

Google
Google株価

何があっても上がっていた金融緩和時とはやっぱり違います。

広告収入は前年同期比では増収だったものの、アプリやハードウェア、サブスクリプション収入などを含む「その他」の売上高が予想を大きく下回ったとのこと。

YouTubeも広告をカットできるサブスクリプションをあることから、自社での販路と広告収入の両立がどうなっていくんでしょうね。

そんな中での700億ドルの自社株買いの承認を発表し、大きな株主還元を図っています。

テスラ

欧州で戦争が起きようが、パンデミックが収まらなかろうが、いつでもすごい決算を出すのがテスラ。
増収・増益、1株利益も前年同期比ですごい伸びです。

Twitterの買収も決まり、どうなっていくんでしょうか。
今後のイーロン・マスク氏の動きがさらに楽しみですね。

テスラ

メタ・プラットフォームズ

売上は前年よりプラスとなるも、利益・1株利益はマイナスと、いまいちな決算となったメタ・プラットフォームズ(旧Facebook)。
今の苦境はやがて訪れるメタバース革命に向けての下地作りの厳しい時期ということでしょうか・・・

メタ・プラットフォームズ

ここ1年、株価も下がり基調デス。

メタ・プラットフォームズ株価

まとめ

ということで、まだ週の半ばですがまとめてみました。
本日はAppleAmazonの決算発表もあります!気になりますね!!

さてさて米国金利上昇圧力、QT、ロシア・ウクライナ問題などなど、、多くの不安材料から株価の上がりにくい昨今、レバレッジNASDAQは1日上がったら3日下がるくらいの感じで下がりまくっております。。。

買い時、、来てる感じですね!!

ちなみに余談ですが、本日は日銀の金融政策決定会合が開かれ、政策金利が発表されます。

最近の10年国債利回りの上昇で住宅ローン金利に影響が・・・というニュースもよく見かけますが、、、、変動金利が連動するのはこの政策金利、10年国債利回りが影響するのは10年固定金利やフラット35です。

そして長期金利も0.25%を超えないように、日銀は指し値オペを使ってきていますので、そこまで大きく上がらないと思います。(それでも、変動金利一択でいいと思うんですけど)

住宅ローンの金利に不安のある方は、そのあたりをもう一度変なニュースに踊らされないようにしましょう!



止まらない円安について

はい、こんにちは。



ニュースやSNSではにぎわっている止まらない円安も、普通に会社に行って仕事を終わって帰ってくる生活をしていたらほぼ無関係の日本人。

預貯金が実質目減りしてることに危機感持たないと、海外旅行が高くて行けなくなりました、では済まない問題がすぐそこまで来ています。
4月からは高校の家庭科の授業で金融教育も始まる中で、大人もお金について勉強した方がいいよね、と思う今日この頃です。

日銀指値オペで加速する円安


いよいよ126.482円をつけたドル円相場。
来週は130円も・・・と、ブルームバーグは言っています。
www.bloomberg.co.jp

そんな中で日銀は指し値オペを実施しました。
www.bloomberg.co.jp

ということで、投資を始めて初めて耳にしたこの指し値オペ
一回まとめてみたいと思います。

指し値オペとは

米国の長期金利の上昇に伴い、日本でもわずかながらも長期金利が上昇してきました。

そこで日銀の黒田総裁はこう言います。


0.25%で金利(利回り)を固定で無制限に国債買いまーす!


通常、市場で国債は償還期間にあわせて金利が決められています。

短期金利(3ヶ月債、2年債・・)は金利が低く、長期金利(10年債、20年債・・)は金利が高い。

その理由は、自分が他人にお金を貸す場合や、住宅ローンでもわかると思います。返済期間が短い場合よりも長い方が貸し倒れリスクは大きくなりますね。

35年も貸してる間に行方が分からなくなることもあるし、仕事を辞めることになるかもしれない・・・。住宅ローンの場合は住宅を担保にしているので、まだ安心なのですが、個人間のお金のやり取りだったら、、、と思うと、、、貸す側としては長期はリスク大となるのです。

そんな国債が市場で売買されると、需要と供給のバランスによって価格が変動します。

金利が同じで債券価格が高くなれば、その債権の利回りは低くなりますし、逆に債券価格が低くなれば利回りは上がります。


その国債を日銀が利回り固定で買っちゃうという反則技を出してまで国債価格の下落(利回りの上昇)を抑えたかったわけです。


その理由は・・・

そうです、このまま10年国債利回りが上がれば銀行からの企業や個人への融資の金利は上がり、今以上に企業の設備投資は鈍り、市場にお金が出回らなくなります

まぁ、今でもお金が出回ってる感は感じられませんけども・・・。

住宅ローンの長期借入金利は上がり、住宅購入を検討する人も少なくなる、企業も銀行への返済負担が大きくなり、融資を受けにくくなるということから、国内の消費活動がさらに抑制されてしまいます。


そんな日本国内のためにとった指値オペにより発生した事態が、日米金利差の拡大です。

現在米国では、10年国債利回りは高止まりしつつあるインフレを抑え込むために、金利を上げるぞ、上げるぞとなって今や2.828%。

銀行預金と同じだと思ってみると・・・
アメリカ銀行は金利2.8%、かたや日本銀行金利は0.25%。
同じ100万円を預けるとしたらどちらの銀行に預けたくなりますか?

ということで、世界では円を売ってドルを買うという流れが加速しています。


ちなみにかねてから日銀は2.0%のインフレ目標に掲げていますが、

この円安による物価上昇をインフレ目標達成とはしないよね、、、、黒田総裁。

生産性が上がっていないのに、輸入価格の上昇による物価上昇してインフレになったところで、景気は良くなりません。

給与は上がらない、なのに輸入物価は上昇するで、そろそろ政府か日銀が動くかもしれませんが。

名目金利と実質金利

上記のようなことから、高金利通貨のドルが買われて低金利通貨の円が売られる状況になっているのですが、ここで一つ忘れてはいけない注意点。

(名目)金利は高ければいいわけではないということ。

たとえば親日で有名なトルコの政策金利はなんと14%!、ブラジルは11.75%!!、メキシコは6.00%と、高金利の諸外国も多いのです。

しかし為替のチャート長期で見てみると・・・円高トレンドになっています。高金利通貨なのに!

f:id:LandDiver:20220416225723j:plain
ブラジル・レアル/円
f:id:LandDiver:20220416225745j:plain
トルコ・リラ/円

こんな高金利通貨なのに、なぜ円を売ってトルコリラ、ブラジルレアルは買われないのか?というと、国の信用が不安定ということもありますが、、、こういった高金利(すぎる)国はインフレ率も極端に高いのです。

14%の利息がもらえるトルコ銀行やブラジル銀行にお金を預けていても、その金利以上に毎年物価が上がっていってしまうという全然うれしくない状態!!

名目金利からインフレ率を引いて求められる実質金利が高くないと、世界の投資家からは求められてないってことですね。

中央銀行が操作できる名目金利がいくら高くても、実態経済の影響を受ける実質金利がプラスになっていないと、その通貨(債券)を保有するうまみが無いということです。

今の状況と今後は?

現在日本は、名目金利=0.0%、インフレ率=0.9%なので、実質金利は-0.9%です。

一方米国は、名目金利=0.5%、インフレ率=7.9%なので、実質金利は-7.4%です。

??
そう考えると、今実質金利は日本の方が6.5%も高いし、米国はインフレ爆進なのに、なぜドルがこんなに買われているのだ!?!?


未来を見通す債券投資家はこんなことを考えています。

2022年、米国は利上げを実施してインフレを抑制していく。
賃金も上がるし、経済も回復した米国はやはり強い!

一方日本は・・・輸入コストの増大による物価上昇は避けられず、経済回復の先行き見通しは悪い。。利上げをしたくてもできない。。

うーーーん、、、日本経済、アウトォォォ!!

といった感じでしょうか。

2022年の終わりには米国は名目金利=2.25%、インフレ率=3%、実質金利=+0.75%になる一方で、日本は名目金利=0.0%、インフレ率=2.0%、実質金利=-2.0%くらいなんじゃないか?

と思われていてもおかしくない。

それくらい今の政府与党は何もしていないのです。

今後、行き過ぎる円安を止めるのは日本の国力ではなく、政府の為替介入によって一時円高に振れることがあるかもしれませんが、、、、
www.sankei.com

それでも1ドル=110円程度の戻ってくるような、円の力は感じられませんね。

まとめ

円安・ドル高についてまとめてみました。

資源、食料を多く輸入に頼る日本において、今や過ぎた円安はいいことはありませんね。。
家計を圧迫し、さらに消費意欲を削がれるだけです。

とはいっても、そもそもバブル崩壊から給与も上がらないし、物価も上がらないでデフレに落ち込んでいた日本の物価は低すぎることに皆が慣れてしまっていて、世界のインフレの波に完全に取り残されているように感じます。

資源も食料も国内で賄えているのなら世界は関係なく、日本の独自路線を行けばいいですが、そういうわけにはいきません。
自分にできる防衛策を考えていきたいと思いまーす。



ということで、何か参考になれば幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!


2022年3月の運用結果

はい、こんにちは。
ロシア・ウクライナ戦争が度重なる停戦交渉をおこなうも解決の糸口が見えない中で、日々痛ましいニュースが流れています。

日本は卒業・入学の季節で、新生活が始まる季節です。
日々平和に過ごせることに感謝しつつ、3月の振り返りをしてみたいと思います。

米国株指数の動き

f:id:LandDiver:20220405121434j:plain
米国株指数

青色・・・NASDAQ100
橙色・・・S&P500
水色・・・NYダウ

米国株主要3指数は3月結果として全て上昇で終わりました。
止まらない物価高と2年後の景気後退のシグナルと言われる長短金利の逆転現象も起きたりと、ザワザワが止まりません。

逆イールドが起きるから景気後退が起きるのか、景気後退が起きるから逆イールドが起きるのか、、

f:id:LandDiver:20220405122820j:plain
逆イールド

利上げを辞めようにもまだまだ始まったばかり。
昨年のFOMCでひたすらにインフレは一過性だと言い続けていたFRBの政策の失敗がバレはじめてきた感じ、、?

とはいっても、雇用統計・失業率は順調に回復しつつあるので、ロシア・ウクライナ問題はまさか想定外だったということもあったんでしょう。

5月以降のFOMCでは0.25%ではなく、0.5%の利上げもありえそうで、下がったら下がったでいい買い場になるのかな、と思います。

米国株

ポートフォリオ

f:id:LandDiver:20220405124216p:plain
ポートフォリオ

新規購入は毎月定期買付のHDVとQYLDを買い増し。

今月の損益率と前月比

f:id:LandDiver:20220405124933p:plainf:id:LandDiver:20220405124937p:plain
今月の損益率と前月比

個別銘柄はセクター的に堅調なセクターの銘柄を選んでいることもあってか、利上げだ、QTだと言われてもしっかり値を崩れないありがたい銘柄です。

債券ETFはさすがにこの金利上昇局面では価格の下落が止まりません。
利上げが落ち着く年末?ごろにまた買い場が来るのかな。
今思えば、金融緩和時のゴリゴリに高価格帯のときに買ってしまっております。。
うーん、もったいなかったな。

当時は債券=安定ってことしか知らず、今のように金利との関係なんて気にもしてなかったので・・・ww

配当金

BND・・・4.65ドル(1.9%)
QYLD・・・21.75ドル(11.6%)

()は配当利回り

毎月分配のありがたさ。
毎月のスマホ代0円を実現しています。(帳簿上。。。)

投資信託

ポートフォリオ

f:id:LandDiver:20220405125959p:plain
ポートフォリオ

着々とジュニアNISA口座でのレバレッジNASDAQ100が大きくなってきました。
非課税口座は100万円でストップ、あとは寝かせます。
その後は自分の特定口座での積み立て+スポット買い運用を続けていく予定。

つみたてNISAは変わらず先進国への分散です。
欧州も利上げしたり、ロシア・ウクライナ問題で物価高もかなり厳しそうですが、先進国株式は順調にプラスに転じました。

今月の損益率と前月比

f:id:LandDiver:20220405130546p:plainf:id:LandDiver:20220405130549p:plain
今月の損益率と前月比

トータルリターン

f:id:LandDiver:20220405131836p:plainf:id:LandDiver:20220405131849p:plain
トータルリターン

米国株、投資信託ともにプラスになったことはうれしい限り。
何より為替の影響がデカいです。

ドルベースでは4.7%上昇の米国株も円ベースで計算すると10%の上昇に。
ドル建て資産の円安メリットですね。
でもそのドルを買うのに円がいるというジレンマ。。。

まとめ

結局、思ったように追加投資の機会のないまま時間が過ぎ・・・
とはいえ、自分の決めたルール無視で気のままに追加購入していても高値買いで後悔もしたくないので、今は待ちと信じて、相場を見守ります。

今後本格的な利上げ、QT、ロシア・ウクライナ問題などで大きく動いた時に身動きがとれるように。

以上ありがとうございました!

円安、円安!

はい、こんにちは。

あったかいとばかりに油断していたらいきなり極寒に戻ったここ数日・・・。
体調崩さないように、皆様もお気をつけください~。


ということで、本日はこちら。

f:id:LandDiver:20220324141753j:plain
ドル円チャート

いい感じに右肩上がり、、というか、ここ最近で急激に上昇してます。


これはドル円の為替チャートです。
3/24現在、1ドル121.22円となっています。

今の日本、結構なピンチになってるの、ご存知ですか?

株安
通貨安
金利

普通に会社員してたらあまり関係のないことかもしれませんが、手遅れになる前に今一度日本国民全員がしっかりと世界の中での今の日本の力というものを認識しておく必要があると思います。

ということで、深堀りしてみたいと思います。

日経平均が上がらない

新しい資本主義とかいう、なんだかもやっとした政策にもならない政策のおかげで、依然として日経平均は高値を更新することもなく停滞中。

2021年に30,000円台をつけることがあっても、

実態経済と乖離している!

とか、

大企業や投資家だけが儲かっている!
とか、妬みのオンパレード。。

純粋にお金を稼ぐことが卑しい、まじめに働きさえすればいいという風潮が消えない日本では、株価の上昇は企業価値の上昇と考えることができません。
世界から取り残されていくこと必至ですね。

そもそも株価なんて景気の先行指標なので、高値を付けたからといって今景気がいいかどうかを示しているわけではないのです。
そして妬む暇があるなら株買えばいいと思うんですけど。

バブル崩壊から30年。株価も給料も上がらない日本。
このままでいいのか??

いつまでも続く超低金利

金利が低くてありがたいと思うのは住宅ローンのみ。
預金金利は地の底を這っています・・・

投資をしていると気にするのは利回り
株式にしても不動産にしても国債にしても、なんでもそう。

投資した金額の〇〇%の運用利回りを得ることができるからリスクを取って運用に資金を割り当てるのです。

今、コロナショック後の金融緩和の副作用+ウクライナ情勢の問題から、物価が上昇するインフレが進行する世界で、その対策として、米国も英国も欧州も2022年は利上げを実施予定です。

先日の米FOMCでも0.25%の利上げが決定されましたね。

一方日本は・・・
www.jiji.com
www.jiji.com

金融緩和は維持、金利は上げないとのこと。


まぁ、今の日本経済で金利上げるなんてできません。

金利が上がることで金利負担が大きくなる住宅ローンはもちろん、企業の返済負担額の増大、政府の国債利払いの負担と、、、経済がしっかりと回っていれば利払いが増えても対応できる部分もあるかもしれませんが、今の日本ではその負担に押しつぶされるのが目に見えている。

日本が低金利を維持する中で、世界は利上げへ。

そうすれば、利回りの低い日本への投資よりも、金利の高い米国・欧州へ投資資金は集まっていくことになります。

皆さんも銀行に預金する際、金利がA銀行は5%、B銀行は1%の差があって、金利以外の条件が同じなら金利の高い銀行を選びますよね??


そして、緩和を続ける=市場に円をばらまき続けるということは、こうなるわけです。

さらなる通貨(円)安

お金に関わらず、全体的に量が少ないものは希少価値が高いです。
金(gold)、銀、ビットコイン・・・

埋蔵量が決まっているからこそその希少性が価値を生み出しているのですが、日銀が緩和を続けるということは、今後も継続して日本円が市場に出回るということ。

つまりは市場において、日本円の希少価値が減り続けるということになりますね。
物の価格に対して通貨の価値が下落するということです。


このように市場の中で価値が漸減している日本円は何も米ドルに対してだけ円安が進んでいるわけではありません。

世界中で流通している他の通貨や貿易量、物価変動を加味した実質実効為替レートという指標で今の日本円の世界における実力を見てみると・・・

f:id:LandDiver:20220324142806j:plain
実質実効為替レートの推移

2010年が100、2020年はなんと67.55で、1972年以来の低水準にまで落ち込んでいるそうです。

www.nikkei.com


世界における円の力が、50年前と同じ力にまで落ちているということです。

通貨安で不況へまっしぐら

円安で海外旅行がつらいなぁ・・・

とかそういう次元ではもはやなくなっている今の日本。

かつては製造業が世界を席巻し、Made in Japanが世界をリードしていたとき、そんな中での円安は輸出企業の業績にも大きく寄与してきました。

しかし今、製造業の生産ラインは人件費の低い海外に移転されていることで、輸出企業がでれだけ円安の恩恵を受けているかと言われたらかつてほどではないです。

また、食料自給率も低く、原油など資源を輸入に頼らざるを得ない日本にとって加速する円安は、食費・ガソリン代など、家計を圧迫する直接的な原因にもなります。←これ今

ただでさえ少子高齢化に伴い、これからの内需拡大が見込めない中で、円安に伴う輸入物価の高騰が続くことは、家計への影響が大きく、消費マインドはさらに鈍化の一途をたどります。

消費がさらに落ち込めば、どうにか持ち直してきた企業業績もマイナスに転じてそれこそ、本当に不況へと入りかねません。

っていうか、今景気いいね!って思える人っているのかな??

円安&不況へ対策

日本人一人一人が世界における日本の現状を認識すべきと思います。

その上で株式、債券、金(gold)、ビットコインなど、インフレ・通貨安に強い資産を保有することも一つの手段です。

現在つみたてNISAやiDeCoがメジャーになり、運用を始める人も多くなってはいますが、まだまだ個人の金融資産の大半は現預金や保険が多くを占めています

現預金や保険がダメではないですが、その保険、自分で考えて入りましたか?
販売人のオススメのままに加入してませんか??

現預金である程度の資金を貯めることは重要ですが、その円が世界で一人負けしている現実をしっかり認識しないと、今は良くても自分が退職するとき、子や孫の世代になったときに、世界で価値のない円だけを保有していて身動きが取れない!とならないよう、これから生活していきたいと思います。

以上、ありがとうございました~。



確定申告まとめ

日中、本当に暖かい日が多くなってきました。

春です。
確定申告の季節です。って、期限はもう目の前・・・

自分の忘備録として、もう提出期限間近の今、何のお役にも立たないとは思いますが、配当金の申告についての忘備録を残しておきたいと思います。

今はまだ微々たる金額の配当金ですが、ゆくゆくは我が家の大きな収入の柱となるよう、今から育てているのです。
そんな配当金、究極の不労所得として今後もコツコツとしっかりと育てていきたいと思っているのですが、唯一デメリットである課税されるという点で、確定申告を正しく活用し、最小の税金の支払いでやっていけるよう、リテラシーを付けていきたいと思います!

どうぞよろしくお願いします。

配当金

究極の不労所得である配当金。
資産運用をしていても株価が下がったりすることで憂鬱になることもありますが、株価と違って安定的に振り込まれる配当金は微力ながらも貰えると嬉しいですね。
そんな配当金も、日本株においては20%が、外国株とりわけ米国株は約28%程度が源泉徴収(天引き)されてしまいます。

・将来の自分年金の足しにしよう
・日々のキャッシュフローを少しでもプラスにしよう

と配当金投資をしている人も少なくないと思いますが、そんな配当金の税負担を少しでも少なくするための上手な確定申告時の上手なやりくりをまとめておきたいと思います。

★配当金にかかる税金

(米国株)配当金にかかる税金は以下の通り。
・外国所得税・・・10%
所得税・・・15%
・復興特別所得税・・・0.315%
・住民税・・・5%

所得税、住民税は外国所得税の10%を引かれた金額に対して課税されます。

日本の所得税累進課税といって、稼げば稼ぐほど税率が上がる仕組みになっています。

f:id:LandDiver:20220311233958j:plain
所得税

一方で、配当金は金額が10万円であっても、1億円であっても、税率は所得税15.315%+住民税5%で固定されています。
これ、めっちゃお得ですよね!
ということで、皆さん配当金もらえるように株、買いましょう~(笑)

★配当金の申告方法3パターン

会社員をやっていると税金=天引き(源泉徴収)されて勝手に取られるものというイメージなんですが、所得によっては決められた税率で源泉徴収されるだけではなく、自分でお得な税率になるよう申告パターンを選択できます♪
これはしっかり覚えて活用しておきたいところです。

★確定申告しない・・・源泉徴収(天引き)のまま
★確定申告する・・・総合課税 or 申告分離課税を選択

上記の3パターンで配当の申告を選択できますが、どのパターンがお得(税金が返ってくる)になるのでしょうか。
年収400万円課税所得150万円)、年間配当金額(税引き前)50万円の会社員の場合を考えたいと思います。
所得税のみを考えます。

源泉徴収のまま

これは楽ちん!
証券会社に配当金が入金される時点で日本株は15.315%、米国株は約30%が源泉徴収されて支払われます。
このまま確定申告をしないで終わり。
給与所得は年末調整で会社にお任せ!
一番簡単です!!
日本株
500,000×15.315%=76,575円
500,000-76,575=423,425円(手取り)

<米国株>
500,000×10%50,000円(外国所得税
450,000×15.315%=68,917円(国内所得税
500,000ー(50,000+68,917)=381,083円(手取り)

総合課税or申告分離課税

総合課税で確定申告というのは、分離課税の配当金をあえて給与所得や事業所得に合算してしまおうという申告方法です。

上記のように、日本の所得税稼げば稼ぐほど税率が上がる累進課税制度。
一方で配当金だけは国内の税金は20.315%と、とてもお得。

しかし、上記の所得税率の表からもわかる通り、課税所得150万円の会社員は所得税率は5%です。
証券会社の源泉徴収のままで終わっていたら配当金に対しては15.315%の課税でしたが、給与所得と配当を混ぜて税率を計算し申告することで、配当金にかかる税率-10%下げることができる、めちゃめちゃありがたい配当控除という制度があります。
ちなみに、米国株は配当控除は使えません・・・。

例を見てみます。前提条件は上記と同じ。
日本株
課税所得150万円+配当金50万円=200万円所得税率10%)
所得税率10%-配当控除10%=配当金の所得税実質税率0%!!
50万円から源泉徴収された15.315%分の76,575円がまるまる還付されます!

<米国株>
課税所得150万円+配当金50万円=200万円=所得税率10%
税率10%-配当金の所得税率15.315%=実質税率5.315%

500,000×10%(外国所得税)=50,000円
450,000×5.315%(実質税率)=23,917円
500,000ー(50,000+23,917)=426,083円(手取り)

★課税所得がいくらまでが申告するとお得なの?

日本株の場合は最強の配当控除10%が適応されるため、
所得900万円の人までは確定申告するとお得に!!

f:id:LandDiver:20220314225855j:plain
配当控除後の適用税率

900万円を超えると、累進税率が上がるため総合課税ではなく、分離課税の申告の方がお得です。

外国株の場合は配当控除がないため、、、
課税所得330万円の人までは総合課税で確定申告をすると配当金で源泉徴収された所得税が還付されます!

まとめると、こう!

f:id:LandDiver:20220314234141j:plain
配当金にかかる所得税

住民税について

配当金にかかる住民税は5%、他の所得にかかる住民税は日本全国一律で10%です。
しかし、配当にかかる住民税は5%

所得税の申告で総合課税を選択すると住民税も総合課税となり、10%となってしまいます。
が、日本株の場合は配当控除の適用で2.8%の金額が控除されます
ということは、分離課税の5%の方が住民税はお得・・・
でも、所得税は15%・・・

そんな時に住民税は確定申告した課税所得から計算しないという選択肢を選ぶことができます!
これは住民税を申告しないという申告をすると、なんと分離課税時の5%の徴収で済むのです!
なんともややこしい。。

まとめ

配当金にかかる確定申告はこれがベストです!

日本株は所得900万円までの人、米国株は所得330万円までの人所得税は総合課税で確定申告、住民税は申告不要の申告をする

これが配当にかかる納税額を最も節税できる申告となります。

ただし!令和4年分確定申告まで、ですけどね・・・。

提出期限は今日!
頑張ってくださーーい!ww